開校の挨拶

本校は、子を持つスタッフからの「やっぱり日本語を学ばせたいんですよね。」という声からはじまった日本語の国語に特化した予備学習校です。

グローバル化が加速してゆく昨今、国際結婚をされた方や多様な人種が入り交じるシンガポールという英語圏で働いていると、「我が子にはこれからのグローバル社会に立ち向かっていけるように」との想いを子に託し、インターナショナル校やローカル校にお子様を通わせている方も多いと思います。また、シンガポールには素晴らしい教育法がたくさんありますので、そのような点からもインターナショナル校やローカル校を選択された方も多いと思います。当校のスタッフもその一人でした。

そして、子どもが大きくなるにつれて感じる不安というのがやってきます。メインで勉強をしている英語は上達しても、日本語の読み書きや会話がおぼつかないことに気が付くのです。日本人の親としては、やはり日本人としてきちんと日本語が習得できていてほしいのです。

先述したスタッフ以外にも「うちの子にも日本語を学ばせたい」という声が本当に多くあり驚きました。こんなにも身近に困っている人がいたなんて、と。

当校のスタッフからはじまり、日本語を学ばせたい・学びたいと思っている方々のために、私たちは「児童や保護者に寄り添い、日本語力を伸ばす学校」を目指します。

また、改めて感じる日本の伝統や文化の古き良きものも、これからの若者に受け継いでいけるように願いを込めて。